【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

外構におすすめのライトと取り入れるた方が良い理由

コラム

外構に使えるライトにはさまざまな種類があります。
外構にライトを使うと、足元を照らし安心して歩くことが出来ます。
周囲を明るく照らすライトで安心感が生まれますね。
今回はオススメのライトをご紹介します。

・バーライト
「ウォールバーライト」とも呼びますが、棒状のライトでその側面全体が光ります。
間接照明として使用しますが、壁面の凹凸を浮かび上がらせることで
幻影的な雰囲気を生み出す効果があります。
主に門やフェンスなどに取り付けて使用します。

・ダウンライト
天井に取り付けるタイプの外構用ライトです。
地中に埋め込むタイプの逆となり、上から下へと照らします。
玄関先など足元を照らすのが目的ですが
埋め込み式なのですっきりとしたデザインになります。

・スポットライト
特定の場所をピンポイントで照らすのがスポットライトです。
壁面やフェンス、庭の木々などに光を当てることで、
おしゃれな雰囲気を演出できます。
複数のスポットライトを設置することで、より効果的に雰囲気を出すことができますが
その分、電気代がかかるのが難点と言えるでしょう。

・ウォールライト
ウォールライトは壁を照らすタイプの外構用ライトです。
壁を照らすことでホテルのようなラグジュアリーな雰囲気を生み出します。
設置場所はフェンスの外側でも内側でも、あるいは家の外壁でも構いません。

・ポールライト
棒状のライトで上部が光る形状となっています。
腰のあたりを照らすことで庭やアプローチなどを歩く時の照明や
庭をおしゃれに演出するための照明として使えます。
ポールの上部から下に向けて灯りを照らすので
ガーデニングの草花を照らすことで陰影を楽しむこともできます。

いかがでしたか?
この他にもライトには様々な種類があり好みのタイプや
用途によって選ぶ事が出来ます。
また、ライトで照らすことによって防犯にも役立ち
更に庭をお洒落に演出する事が出来ます。
自分で簡単に設置できるものもありますので
検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報

  1. 柏市 M様邸

  2. 流山市 H様邸

  3. 流山市 M様邸

PAGE TOP