【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

クローズ外構のメリット・デメリット

コラム

クローズ外構 オープン外構 どちらが良いの?と
お悩みの方はいらっしゃいませんか?

どちらもメリットデメリットがあり
住む人の価値観次第ですが
今回はクローズ外構について基本的な作り方や
メリット・デメリットについてご紹介いたします。

・クローズ外構の作り方
クローズ外構とは住居の敷地全体を囲い
家の敷地と外を明確に分ける外構の事をいいます。
具体的には門扉やフェンス、塀や生垣などで
外部の視線を遮ります。

・クローズ外構のメリット
プライバシーの確保
周囲の視線を気にすることなく庭や屋外で自由に過ごすことが出来ます。

敷地境界が明確になる
敷地前や敷地内を通行される事もなく
『ここからは我が家の敷地』と示すことが出来ます。

安全性の向上
周囲を囲むことによってお子様ペットがうっかり飛び出しても
塀やフェンスが守ってくれます。

デザインの自由度が高い
様々なデザイン・色・質感の建材により外構デザインにこだわる事が出来ます。
クローズ外構にすると家のデザインが見えにくくて風格を出せない…
と思われるかもしれませんが
外構をラグジュアリーに仕上げる事で高級感のある住まいにすることが出来ます。

・クローズ外構のデメリット
コストが高くなる
敷地を塀やフェンスで囲むので必然的に費用が高くなる傾向にあります

閉鎖的な印象になる
広い敷地であれば風格があると見なされるクローズ外構ですが
敷地が狭いと圧迫感を与えてしまう場合もあります。

防犯面の不安
周囲から視線を遮ることが出来る反面、いったん侵入されてしまうと
敷地内で何が起きているかわからないという点があります。
防犯カメラを見える位置に設置するなどの
防犯対策が必要になります。

周囲への配慮
塀や生け垣を高くすることで
交流を拒絶していると思われかねないので注意が必要です。

いかがでしたか?
周囲からの視線を気にせず
プライバシーを大切にしたい方にはおすすめのクローズ外構です。
また外構自体を楽しむ事が出来ます。
クローズ外構を検討中の方は是非参考にしてみてください。

最新情報

  1. 印西市 K様邸

  2. 流山市 S様邸 リフォーム工事

  3. 野田市 F様邸

PAGE TOP