【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

コンクリートとアスファルトの違いとは

コラム

外構に駐車場を取り入れる際、よく耳にする土間コンクリート。
コンクリートとは?と考えた時にアスファルトとの明確な違いが
あまりわからない方もいるのではないでしょうか?
「コンクリート」と「アスファルト」
一見似たような存在に思えるこれら二つですが、
どのような違いがあるのか、解説していきます。

成分
コンクリートとアスファルトの最も大きな違いは
その成分にあります。
コンクリートは水、砂、セメント、砂利を混ぜ合わせ固めたものですが
対してアスファルトは液体アスファルトと
骨材(砂や砂利)を混ぜ合わせたものです。
これらの成分が混ざり合うことで
アスファルトはその特性を持つようになります。

色の違い
コンクリートとアスファルトは色にも明確な違いがあります。
コンクリートはセメントの色が主に反映されているため
灰色が一般的なのに対しアスファルトは
黒色が特徴的です

耐久性
耐久性についてはコンクリートの方が優れています。
コンクリートは固まる過程で強度を得るためです。
そのため重量物に対する耐力も高いです。
一方アスファルトは施工にかかる時間も短く
冷却するだけで固まることが出来ます。

いかがでしたか?
道路などでよく目にするアスファルトは
施工や修復が容易であるというメリットがありますが
耐久性が低いということがデメリットです。
対して土間コンクリートはその硬さと耐久性から
長期間にわたる使用や厳しい環境にも耐えることが出来ます。

最新情報

  1. 印西市 K様邸

  2. 流山市 S様邸 リフォーム工事

  3. 野田市 F様邸

PAGE TOP