【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

外構を住みながら完成させるメリットとデメリット

コラム

外構工事は時間がかかるため
「外構は、あとで」と家の引き渡し後や
住みはじめてから工事する方が多くいます。

そこで今回は住みながら外構を完成させるための
コツや注意点、メリット・デメリットについてご説明いたします。

メリット
住みながら外構工事をする理由で多くあるのが
実際に住んでみてから外構の問題や要望を確認できる点や
外構専門の業者を選択する自由がある点
さらには建物の完成後にすぐに住めるというメリットがあります。

また住みながら外構工事を行うことによって
外観とのバランスや調和をとりながら進められる点や
じっくりと時間をかけられる点
作業状況などを生活しながら確認できる点もメリットと言えるでしょう。

デメリット
工事中はあわただしく、騒音も気になるでしょう。
また、施工中は一時的に駐車場が使えなかったり
立ち入り禁止になる場合もあります。
特に玄関回りの工事は不便になりやすく
通れないと困る場所などもあります。

引渡し前に済ませておきたい工事
門柱・門扉や駐車スペースの工事は、
住宅の引き渡し前に行っておくと便利です。
駐車場やカーポートの整備されていないと
別の駐車場の確保が必要になるなど
経済面でも変わってくるものもありますので注意が必要です。

いかがでしたか?
使いやすさを重視する場合
実際に住んでみたほうが使い勝手の良さなどが
わかる場合もあります。
効率的な使い方や必要な造りをじっくり検討し、
快適な生活を支える外構を作りたいですね。

最新情報

  1. 柏市 M様邸

  2. 流山市 H様邸

  3. 流山市 M様邸

PAGE TOP