【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

スロープのあるアプローチ作りのポイント

コラム

 

今は必要なくても、将来家族の誰かが車いすを必要としたときやお子様のベビーカーを使用する時などスロープがあると楽に移動をすることが出来ますね。

そこで今回はご自宅の玄関アプローチにスロープを設置する際に知っておきたいポイントをご紹介いたします。

ポイント1
傾斜は出来るだけ緩やかに

ベビーカーや車いすは利用者によって上り下りできる傾斜は変わってきます。
誰もがスムーズに利用するには、出来るだけ緩やかな
傾斜であることが望ましいです。

ただし、傾斜が緩やかなほど、スロープの長さは長くなるので
傾斜に見合ったスペースが必要になります。

ポイント2
滑りにくい素材選び

コンクリートやタイルなど、素材によっては
雨に濡れると滑りやすくなる事があります。

雨の日でも安全に上り下り出来るスロープにするためには
インターロッキングや洗い出しなどもおすすめです。

ポイント3
手すりは樹脂製がおすすめ

思わぬ事故防止のためにも欠かせない手すりですが
ステンレスなどの金属製だと
夏場は暑くて触れなったり
冬場は冷たくて持つのが億劫に感じる事があるため
樹脂製のフェンスがおすすめです。

 

その他にも、屋根やライトを付けるなどして
更に安心・安全のスロープにする事も出来ます。

快適な歩行が出来るよう、アプローチ作りにはこだわりたいですね。

最新情報

  1. 印西市 H様邸

  2. 千葉県内某保育園 門扉お取り替え工事

  3. 柏市 M様邸

PAGE TOP