【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

サイクルポート メリット デメリット

コラム

サイクルポートとは自転車を停めるための場所のことです。
業者に依頼し施工するものから、DIYで手軽に出来るものまで様々です。

『自転車なんて空いているスペースに止めておけばいいや…』
今回はそんなサイクルポートのおすすめしたい点と
ここがちょっと…のデメリットを合わせてご紹介いたします。

メリット①:自転車・バイクを守れる

まずメリットはこれに尽きますよね。
サイクルポートがあることで雨や砂、さらに紫外線から自転車やバイクを守ることができます。
また、輪止めを設置すれば防犯面も強化する事ができる上に
風などで倒れて車を傷付ける心配もありませんね。

メリット②:雨よけ

まずは雨の日の乗り降りで濡れずに済みます。
プラスして、スペース次第では雨の日でもその下を利用することが出来ますね。
例えばDIYをしたり、濡れてしまった傘や長靴を置いたり
外に雨の日でも濡れないスペースがあるのはいいですよね。

デメリット①:コスト面

設置には費用がかかります。
機能性やデザイン性などを求めると高額になることもあります。
その点ご自身でDIYするタイプでは、安く済む利点はありますが
どうしても業者が施工するタイプのものよりも、耐久性などは劣ってしまいます。

デメリット②:場所

まず設置場所の確保が必要となります。
カーポートでもあるデメリットですが
屋根と柱があるため、圧迫感がある外構になったり
敷地が狭く見える場合もあります。

また一度設置すると、動かすことができないというのも
メリットかもしれません。

 

電動自転車やバイクなどは高価なものですので、しっかりと守りたいですが
敷地の面や費用の面をよく考えて設置するのが良さそうですね。

場合によっては屋根などは付けずに
サイクルラックだけの施工でもいいかもしれませんね。

最新情報

  1. 柏市 M様邸

  2. 流山市 H様邸

  3. 流山市 M様邸

PAGE TOP