【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

外構用語解説 勾配とは

コラム

外構打ち合わせの際によく耳にする【勾配】。
勾配とはいったい何でしょうか?
解説していきます。

勾配とは平らな場所に設ける
わずかな傾斜のこと。

外構は外に出ている部分ですから、当然雨や風に晒されます。
地域によっては積雪もあります。

勾配とは傾斜に配慮し、水はけを考慮する事を指します。

つまり
床面をうまく水が流れるための傾斜ということです。
では、水はけを考慮する勾配がないと
一体どうなってしまうのでしょうか?

当然水はけが悪くなりますので
湿気が溜まりやすくなり
カビやコケの発生原因となったり
冬季は凍結の恐れや、夏場は蚊やコバエが発生する事も。

雨量によっては一面が水浸しになり
中々水が引かなくなったりと、デメリットが多くなります。

このようなデメリットを生まない為
しっかりとした勾配の計画が必要です。

見た目にも美しく、雨水の溜まらない適度な数値は
2%~3%と言われています。(1mで2cm~3cm)
現場の状況や環境、建物の設計関係によって
勾配の角度は検討する必要があります。

細かな所ですが、打ち合わせの際に
プランナーとしっかりご相談することをおすすめします。

最新情報

  1. 印西市 H様邸

  2. 千葉県内某保育園 門扉お取り替え工事

  3. 柏市 M様邸

PAGE TOP