【千葉】外構・エクステリアの専門店

施工事例
展示場
当社の
保証
受賞歴
リフォーム
ローン

立水栓の凍結対策

コラム

本格的な寒さがやってきました。
気温の低下により、寒い地域では水栓柱が凍結して
使えなくなってしまうことが出てくるのではないでしょうか。
今回は、凍結を防ぐための方法をお伝えしたいと思います。
参考にしてみてください。

凍結する原因は?
水道凍結は、水道管の中に溜まる水が凍ってしまうことで起こります。
そのため、水道管内の水を抜いておき
凍るものがないようにすると凍結しなくなります。

凍結時のNG行動
すぐに溶かそうと熱湯などの熱いお湯をかけてしまうと、
膨張して破損することがありますので注意が必要です。
また、凍っている蛇口を無理やりひねる事で
内部のパッキンが破損し、水が止まらなくなっては大変です。
こちらも控えたほうがよいでしょう。

防ぐための対策
気温によっては、水をだしていても完全に凍結を防げるわけではありませんが、
蛇口を開け、少量の水を出しておくことで凍結を防ぐことができます。
また、簡易的ではありますが蛇口部分や水栓柱などに
あらかじめ断熱材や毛布を巻いておくことで凍結を防ぐことができます。
しかし、タオルや毛布などで巻いても濡れてしまったり、
露出した箇所などがあると、凍結を防ぐのは難しい場合があります。

いかがでしたか?
凍結の対策には限りがありますので
お庭の立水栓は、不凍水栓柱をおすすめします。
立ち上がりの水道管の中に溜まっている水を抜く機能が
備わっているため簡単に凍結対策が行えます。
是非参考にしてください。

最新情報

  1. 柏市 M様邸

  2. 流山市 H様邸

  3. 流山市 M様邸

PAGE TOP